花びらが1つに合わさって掛かるなかまなどのとき

花の点について稽古しました。最初は花びらが1つに合わさって掛かるなかま(合弁花)についてだ。ツツジは、オオムラサキともいわれ、ツツジ科で葉は広く花もしばらく大形で庭に植えられます。ツツジ科は、日本で約500原料もあるそうです。ツツジのなかまの植物はアセビ、ハイライトツツジ、シャクナゲなどがあります。アサガオは、ヒルガオ科で花は紫外線でしぼみます。アサガオのなかまの植物は、ヒルガオとサツマイモなどがあります。次は、単子葉類の花についてだ。アヤメは、アヤメ科で畑地など乾燥した所に生育します。葉はなめらかで、葉脈は見えません。アヤメのなかまの植物は、ハナショウブとカキツバタなどがあります。ハナショウブは、水辺に生育します。葉の中頃の脈搏がふくれていらっしゃる。カキツバタは、水辺に生育します。葉は幅広で花より高くなりません。花の点について稽古をしてきましたが、知らない花の姓名もあったのでもう一度分かりたくなりました。http://www.brownwoodtx.co/kouka-taiken.html