スクール給食のあの材質、売っていなくて悔しいです

勉学給食が愛しいだ。東京では勉学給食を真似た食堂があるようですが、一食千円限りするから、大きいすぎてわざと東京まで行って食べたくはないですね。でも、勉学給食の献立って業務用の専門の工場から仕入れているから、スーパーマーケットなんかでは売られていないのが悔しいですね。自分は給食のラーメンとうどんのあの麺が食べたいのです。湯沸ししないで、丸ごと汁に入れて食べれるヒューマンだ。出荷で売る麺は湯沸ししなければ堅くてほとんど美味しくないので、必ずしももっぱら取り入れるだけであっという間に食べれるあの麺が好きです。またあの味噌ラーメンの汁の美味しいこと。他では、無論、あのきなこあげパンですね。それもベーカリー君でも殆どきなこあげパンは売られていないだ。時折見つけても、きなこが少なかったり、なんとなく違うんですよね。それもとうに永遠に食べられないのかなあ。最近の給食は贅沢ですすぎて、逆に可愛そうですね。私たちのときのあの素朴な公衆受けする味は今の子供陣は食べられないんですもん。http://www.abateofutah.org/