テレビのアナウンサーがヘルメットをかぶっていると緊急性を感じますね

今朝の福島県沖の地震、すごいニュースになっていますね。東日本大震災を思い出します。津波も警報が出ているし、怖いですね。せっかく、東北三県が立ち直りつつあるのに心配です。現地の人も怖い思いをしていると思います。地震の怖いところは、余震が続くことですよね。これで終わりではないかもしれません。久々に、テレビ画面に津波警報の日本地図がテロップで出ていて、アナウンサーもヘルメットをかぶって報道しているので、警戒レベルが高いのがすぐわかります。でも、5年前の経験があるので、現地の皆さんも色々備えや避難訓練をされていることでしょう。みなさんの無事を願ってやみません。今年は熊本県でも大きな地震で災害に巻き込まれてしまう方が多かったですね。私の住んでいる北海道でも台風の影響で川が氾濫して橋や民家も流されました。災害が起きた時の正しい対処方法を知ってもしものために備えていかなければなりませんね。生活用水と、災害用ラジオは必要です。あと、靴底が厚い登山靴のような靴を一足持っていると足元のケガを最小にできるのではと思います。家具が倒れたり、ガラスが散らばった部屋で必要なものを探すのも大変ですが、避難する時には普段の靴より丈夫な靴がオススメです。痩せる 漢方